AQブログ vol.4_07/03/2020

07/03/2020

vol.4 働き方ちぇんじ


コロナの影響で働き方改革完全実施にギアが上がった。

今までの日本人は、働き過ぎという定評があるが、それをそれまで崩さない姿勢には理由があったのだと思う。

つまり日本人は、働くのが好きなのである。

具体的に言うと、きちんと物事をする空間、整理された動作をする時間を欲するのである。わたしはそう思う。

現に私もデザインという仕事が大好きである。

この仕事をしていると幸せを感じる。

積み立てる面白さ、ゼロから作る楽しさ、かけ甲斐のない時間であり、有り難い。

 

電通の過労による自殺や、NHKの残業過多による心不全。

労働が善ということは線を区切って言えることではない。

現に私も、仕事が過重しストレスに感じることは多々ある。

人の文句を独り言でブツブツ言ったりしょっちゅうだ。笑

しかし、ふと独り言をいう世界は自分の世界で誰にも侵されない自分にとって神聖な空間である。

そう思うと、似たような世界をより現実に近い、手に掴める存在として近くに置いておけば、

よりストレス解消に近い効果を得られる可能性がある。(※あくまで軽いストレスへの対応です。)

 

個人の提案として、それは何かというと、第1に「スマホゲーム」である。

ソリティアとかババ抜きとか単発なものではない。

何年も積み重ねてこしらえて行うゲームである。

ロールプレイング然り、アクション然り。

それを仕事がひと段落したら5分でもやることで肩こりが解消された感覚にもなり、気が晴れる。

おまけに経験値も上がる。そして、気が済んだら仕事にしっかり戻る。

ただ、私はそれをする時間すら惜しいやらねばならない労働があるときは、

無理にそれをすることでさらにストレスになる可能性がある場合があります。、

ということもご承知いただきたい。

スマホという点は、ポケットからすぐ出せて、すぐにしまえるという手軽さ、時短も重要な点だ。

自分がなす行為に足をすくわれないように時間を有効に使おう。

 

第2に、「リアルに積み重ねてきたものをただただ見返す。」である。

例えば、株である。お金というリアルなものが、日に日に増大していく様は、不思議な快感を覚える。

上がる時もあれば、落ちるときもある。それは、一喜一憂して自分が生きていると実感するいいネタである。

と捉えていただきたい。。。世の中お金が全て、ではないが全てに近い。

その存在は自分の分身である。働いてきた対価。そのリアルさが刺激的である。と私個人は思う。

私自身暴落続きならそんな行為おさらば御免だが、実際負けていないから言えることである。

これがきっかけで始める方に言えることは、ポイントは長く持つことである。

そして、株主総会の前は変動がある。そんな当たり前のことという部類かもしれないが、

小生が長年所持していてやっと気づいた、自分の身の回りに起こる特有とも言える法則である。笑

 

他にも重労働過多を精神的に回避する方法があるかもしれないが、

個人的に感じる、思いつく効果があるものは以上の行為だ。

しかし、これからの世の中このような行為が必要なくる世の中になるかもしれない。

コロナ騒動により亡くなられた方にはご冥福を申し上げたい。

そのような方々もいることは重々承知で申し訳ないのだが、

コロナ樣様という声が聞こえないこともない昨今、世の中成るように成る。である、とつくづく思う。

世の中に起こる変化を楽しむのもチャレンジ。やるしかない。である。

 

しかしながら、当方の作業事務所は散らかっている。整理を愛する日本人にあるまじき行為である。

仕事の合間合間に「片付けをする」ということも心の浄化、マイナスイオン発生させる笑として上記に加えよう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です